ギフトとしても人気のある蟹

Posted on

ギフトとしても人気のある蟹。家族や友人知人に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。ですが、油断は禁物です。水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。時間が経つと当然味も落ちることにつながりますし、モノによっては、食べるとお腹を壊してしまうことも。そうしたリスクを回避するには、鮮度や品質を大事にしている店かどうか、入念に確かめましょう。そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して送ることが、相手に対する思いやりでもあります。通販でズワイガニを買う方も多いでしょう。ぜひ、訳あり商品のチェックをしてください。訳あり商品は、加工用や自宅用だと考えてください。大きさや重さが基準に合っていないものか、ちょっと傷があっても、食べられるような品ですから味は市場に出回っているものと同じです。それで激安価格なら、買わない手はないでしょう。大きさや見た目を気にしないなら、訳あり商品を候補にしていくのが絶対おすすめです。新鮮な蟹が食べたければ北海道や山陰に行かなければならないというイメージがあります。しかし、蟹通販の助けを借りれば、各地から届けられた、獲れたての蟹を味わえます。蟹通販といっても、扱っている蟹は様々ですが、中でもズワイ蟹は一番人気の蟹といえます。これは最も蟹本来の美味しさが前面に出た品種であり、その身は甘みが強く、絶品です。どこでいつ水揚げされたかによって品質に当たり外れがあるので、ブランド蟹を選ぶとよいでしょう。例えば越前ガニ、松葉ガニなどです。この時期に美味しくなる渡り蟹は、日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするスタイルが最もスタンダードだといえます。さらに、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。蟹味噌が濃くてよく食されている毛蟹ですが大きさ的には他の種類の蟹よりも小さいため、誤った選び方をしてしまうと、身が詰まっていないものを選んでしまうことがあり美味しくないです。それでは、美味しい毛蟹の選び方を説明します。購入場所が店頭である場合はその場で手に取れるので、重みを確認して身のつまっていそうなものを選択すればいいですが通信販売で買う場合は、厳格な基準で商品を取り扱っている、信頼できる会社を選ぶことが大事なこととして挙げられます。食べ放題ツアーの一つに、かにもありますが、参加したことはありますか。こうしたツアーに過去参加する機会がなかったならぜひ一度、かにの産地を訪ねる食べ放題ツアーを上手く見つけることを強く推します。なぜなら、とれたてのおいしいかにを個人で食べに行くよりお得な価格で食べられることがほとんどなのです。花咲がには高価なおいしいかにですね。根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにの仲間です。正確に言えばヤドカリと考えてください。見た目はかにと変わらず、味もかにとそっくりなのでかにの一種と言うことで誰も問題にしていません。身の芳醇さと食べ応えで知られ、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。お取り寄せ市場はますます拡大の一途を辿り、かに通販も例外ではありませんが、結構な頻度で、後悔する破目に陥る人からの苦情が相次ぐようになったのです。ほとんどの不満は品質に関するものですが、中には業者の姿勢を疑いたくなることもあります。業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを軽減するには口コミやレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、お店のサイト以外も見るなど出来るだけ情報収集した上で、今回のお店を決めます。気に入ればそこをお気に入りにしてもいいし、幾つかのお店を試すことで自分のベストのお店が見つかるかもしれません。ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役立つ可能性があります。参考になる意見があるという保証はありませんが、思いがけない発見がある場合もあるでしょう。カタログや、ネットの通販でかにの種類や産地を決めた後、ボイル前と後はどちらがよいのか途方に暮れることもたくさんいらっしゃるでしょう。これからはこう思ってください。通販でかにを決める場面では活かにを選びましょう。よほど調理法を間違わない限り、活かにの方が新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。蟹通販にも色々な商品があります。中でもお勧めなのが、ポーションタイプ(小分けに冷凍された食品という意味です)の商品です。新鮮で美味しいのはもちろん活蟹ですが、素人には身をさばくだけでも大変です。どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点では蟹通販で買ったポーションの蟹を解凍し、蟹鍋にするのが私のイチオシです!それと、蟹を一杯丸ごと味わいたいという場合は、通常よりも安価な「ワケアリ」の蟹を買えば、ちょっとお得に蟹の魅力を味わい尽くすことができます!たまたま冷凍庫が空いたので、かにを買うことにしました。お取り寄せには適した品物ってあると思うんですよね。ただ遠いからというだけでない理由で、かにはお取り寄せ最適品なんです。一度にたくさん買えること、それが一番のメリットです。一度でも持ち帰ったことがあれば実感できますね。心ゆくまでかに三昧のできるほど買ったとしても文句を言う人は誰もいないのです。力持ちの業者さんが玄関、もしくは、希望すればしっかりと家の中まで指定日、時間に正確に届けてくれます。食べたい日が決まったら指定できるのはうれしいですね。あとは玄関から冷蔵庫までの間だけ運べばいいのです。手間がかからず楽チンですね。新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにを自宅に居ながらにして贅沢に味わえることがお取り寄せをすることで手に入れることが出来る最大のメリットと言えます。月に1回でもこんな贅沢が出来たらきっと寿命も延びそうな気がします。活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。そしてまず、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。割と簡単に剥がれます。次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。 腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れるのが上手な調理の仕方です。皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、一度焼きがにを召し上がってください。自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。焼きがにでは解凍が重要です。乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。半解凍になれば包みを解き、殻付きで焼くと、うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。焼くときは、水分が残るようにしてくださいね。あらゆる蟹の産地の中でも、最もよく知られているのは、なんといっても北海道です。北海道の漁場では、実に多くの種類の蟹が水揚げされます。品種によって多少の差はあれど、色々な蟹が獲れるという点では、北海道は日本一の蟹の産地といえるでしょう。とはいえ、実際のところ、北海道どころか海外産の蟹が道内で売られている場合も多くあります。よく見て選びたいですね。丸のままの冷凍かには大きいので、暖かい室内で解凍する方もいるようですが、解凍はおいしく食べる決め手の一つなので解凍は十分時間をかけましょう。おいしく冷凍かにを調理して食べるためにまず行ってほしいのは冷凍庫からすぐに室内に出さずに冷蔵庫に入れて解凍することです。冷蔵庫ならば水っぽくならずに解凍できるので、しっかり覚えておいてください。